FC2ブログ
小林香織が、登山・旅行・スポーツなど好きなことについてアップします♪
横浜ビー・コルセアーズvs青森ワッツ
2014-03-16 Sun 23:02
4ヶ月ぶりに行ってきました!
横浜ビー・コルセアーズのホームゲーム観戦!

対戦相手は、青森ワッツ。



シーズンも大詰めを迎え、
プレイオフ進出の切符をかけて熾烈な戦いが続いています。

お馴染み、チームの名誉広報あんどうさんからの差し入れ、
『カツサンド』で必勝祈願!



この日、BSフジの生中継もあり、
開催場所の横浜国際プールでは最多動員数を記録。
ご覧の通り、沢山のお客様がコートの選手たちに
熱いブーストを送っていました。


13949848420.png

前日、青森に80-53と快勝をした横浜。
攻守ともにリズムに乗って勝利をものにできたようですが、
青森だってこのままやられっぱなしではない!

13949848760.png

序盤は一進一退の攻防が続くも、徐々に青森にリードを広げられていきます。
横浜はインサイドの攻撃が多いように感じ、
青森のDFに抑えられてシュートを決めることができません。
時々外からシュートを打ってもリングに嫌われ、
この日の3P決定率は5%!

一方青森は、インアウトを匠に使い分け、
特に北向とクライバーを乗せてしまい、もうシュートがバンバン決まること!


13949849050.png

結果、62-87
前日とは真逆の結果となってしまいました。

マイケルHC
守備でのコミュニケーションがとれていない結果、
相手に攻撃のリズムを与えてしまうシーンが多かった。
今季は、勝利へのエナジーとパワーが足りずに勝ちきれない試合が多いので、
その原因を早く見つけてクリアしていきたい。


山田選手
相手スコアラーを乗せてしまったので、DFでしっかりと抑えないといけない。
プレイオフ進出に向けて、一つも負けられない意識はチーム全員持っている。
この2連戦のVTRをチェックして、次戦に向けてしっかり修正したい。


13949849220.png

久しぶりのビーコル観戦で勝利を見届けることができなかったのは残念でしたが、
次の勝利を期待しましょう!!!

ゲームの後は、いつもお世話になっている
名誉広報のあんどうたかおさんとお食事会♪
というよりは、バスケットボール教室でしたねw
今日のゲームで気になったプレイや、レフェリーの判定について、
あんたかさんに解説して頂きながら、
バスケのことをみっちり勉強させて頂きました(^-^)

あんたか先生、ありがとうございました!!
スポンサーサイト




別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対群馬クレインサンダーズレポ
2013-11-18 Mon 13:49
11月16日、17日は、横浜ビー・コルセアーズの横浜開幕でした。
対戦相手は、群馬クレインサンダーズ。
会場は、私の一番好きな横浜文化体育館。
残念ながら、今シーズンは文体での開催はこの2連戦のみだそうです。

1戦目はぎりぎりのところで逆転勝利!
新潟戦を2連敗で終えていたので、連敗を止めることができました。
私が出かけたのは2戦目。

13847475950.png

この日は、オープニングセレモニーで、
季の優勝に大いに貢献したトーマス・ケネディ選手への
チャンピオンリング贈呈式が行われました。
チャンピオンになってからもう半年ほど経ちますが、
贈呈式を見るとあの感動が蘇ってきますね!


13847476380.png

さて、なんとかこの2連戦をものにしたい、横浜。
立ち上がりは、開始早々#7堀川の3Pが決まり、
ハードなDFで群馬のインサイドをしっかり抑え快調な滑り出しかと思いきや、
群馬の#5友利に連続3Pを決められ、流れを掴めません。
そんな中、#32前田が2連続3Pを決めるなどの活躍を見せ、
25-28 3点ビハインドで1Qを終えます。

13847476670.png

わずかな点差だが、なかなか逆転が遠いゲーム。
というのも、シュートミスやTOで得点を重ねるチャンスをものにできず。
しかも、外国人選手のファウルが重なり、
コートにいてほしい場面で日本人4人で戦わざるを得ない苦しい展開に。
それでも、なんとか粘り、前半41-40で折り返します。

13847476970.png

外国人選手3人という状況の中、
当たり負けしないタフな#73久山がチームにとっては大きな存在。

マイケルHCも
「外国人選手が前半でつまらいファウルを重ねてしまい、
下げざるを得なかった。」と、
試合後に話していました。

13847908100.png

後半、大きくリードをすることができず、群馬に逆転を許す展開。
前半同様、シュートミスとTOからリズムをつかめず、
審判の判定にもイライラしている様子。
フラストレーション溜まるゲームが続く中、
最後まで諦めずにハードに戦ったものの、
69-72 群馬に3点差で敗れた。

13847908310.png


マイケルHCは
「もっと集中力高めて強くフィニッシュしなければならない」
と試合後話していましたが、
確かに今日のゲームではイージーなレイアップを何度も外したりしていて
乗り切れなかったところもあったので、
最後どう終わるかが大事なんだなと再認識。


蒲谷キャプテンは、今季どのゲームでもかなりマークされていて
「プレッシャーがかなりキツイが、DFを自分に引き寄せて、その分他の選手がシュートを打てればいい。
ただ、今日のゲームはミスが敗因だと強く感じている。
プレッシャーが厳しい中でも自分もしっかり得点をとらないと、
チームに負担をかけてしまう。
勝負どころで最後の粘りをもっと見せないと。」
と、今後の課題を語ってくれました。

山田選手も、チームプレイは上手くできているがフィニッシュが上手くできないと話し
次回の富山戦に向けては
「日本人も外国人もいい選手が揃っている上位チームだから、
DFをしっかりやって得点を取らせないことが重要。
気を引き締めて勝ちに行く!」
と意気込みを伺うことができました。

そして、今季成長著しい前田選手。
この日は3P4本の活躍で、チームに勢いをつけてくれました。
「今はシュートだけになってしまっているが、
自分でクリエイトできるようにボールを持って、
DFもしっかりこなさないといけない」
と今後の課題について話してくれましたが、
プレイタイムが徐々に増え、成果も残せてきていることで、
着実に自信がついてきているなと感じました。
また、この両日は地元の宮崎からご両親が観戦にいらしていて、
それも後押しとなったみたいですね。

前田選手は本当に愛されキャラで、
小川GMにもいじられ、
山田選手には「今日くらいやってくれて当たり前!」と一蹴されてしまったw

前田選手が、小川GMや山田選手をギャフンと言わせる日が来ることを
私は楽しみにしていますよ(^-^)


まだまだ発展途上の横浜ビー・コルセアーズ。
今回の2連戦で見えた課題をどう活かすか。
次なる戦地での活躍に期待です。
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ2013-2014開幕戦!
2013-10-17 Thu 23:52
10月12日(土)

bjリーグ昨シーズンチャンピオンの横浜ビー・コルセアーズが、
スカイアリーナ座まで2013-2014シーズンの開幕戦を迎えました。

B-COR

入口には、こんな幕が。
やっぱり、チャンピオンってすごいなーと、
あらためて感じましたね。

B-COR

オープニングセレモニーが行われ、
満員の会場は試合開始前から熱気に包まれていました。
演出もすごくCOOLでよかったです!
年々、ビーコルカラーが色濃く出てきて、
色んな意味でチームの魅力が増しているように感じます。

B-COR

この日は、チャンピオンリング贈呈式も行われ、
昨シーズンから横浜所属の選手たちに手渡されました。
どの選手も、本当に嬉しそうな表情で、
手にしたそのリングの重みをじっくりと噛み締めているようでした。


B-COR

開幕戦、信州ブレイブウォリアーズとの対戦。
同期同士の両リーム、昨シーズンは大きく成績が開きました。
今シーズンは両チームとも新ヘッドコーチの下、
どんなチームに成長していくのか。
ちなみに、信州のHCは、初年度苦しめられた浜松で指揮を執っていた河合HC。

いよいよTipoff!

B-COR

前半は、1Qはケガから復帰して開幕に間に合った#44マーシャルが
サイズを生かしたパワフルなプレイで活躍。
#33グレイもシュートカット等ゴール下で懸命なプレイを見せる。
中々の出だしだったが、2Qに入ると徐々に信州ペースに。
信州のハードなDFで、横浜はインサイドに入り込めず。
外からシュートを打つもなかなか決まらない。
7分切ったあたりから、横浜がシュートが入らないのに対し、
信州に18点も奪われ、36-42 6点のビハインド。

後半に入ってもシュートの確率が上がらない横浜。
ゴール下でファールをもらってはフリースローで得点を重ねていく。
信州にオフェンスリバウンドを奪われてしまうのがいたい・・・
一時は10点差にまで開くものの、3Q終了時点で5点ビハインド。
60-65で迎えた最終Q、開始早々、信州のハードなDFをかわし、
ボールを回して最後は#73久山が3P!
更に、7分32秒#33グレイの2Pで遂に同点に!
その1分後には、#44マーシャルのシュートで逆転に成功!
ここからは、攻防戦が続きました。
しかし、横浜は大事な場面でシュートが決まらず、
確実にシュートを決めてくる信州にまたリードを広げられてしまう。
結局、信州にリードを許したまま、79-86で初戦を白星で飾ることができませんでした。

B-COR

この日は、#55リード 17P・11リバ、#3蒲谷 13P、#33 グレイ12P・13リバ

勝久HC
ターンオーバーが多かったのと、信州にリバウンドを取られすぎてしまったこと、
1つ1つのプレイをもっと大事にやっていかないとダメ。
DFで体を寄せきれなかったり、大事な場面で中途半端なシュートを打つといった、
そういう点をもっと大切にきっちりやっていかなければならない。
良かった点は、マーシャルとグレイが期待通りであったこと。

と、課題は多く残ったものの、
収穫もあったし、チームがしっかりと上向きに進んでいるんだということも確認できました。
キャプテンのカバも、
「今は焦らずにゆっくり確実にステップアップしたい。
今日のゲームを通じて、今年の戦い方が見えてきた」
と、期待できるコメントを残している。

その証に、翌日のGAME2は見事横浜が勝利!!
今シーズ初勝利おめでとうございますヽ(´▽`)/


年明けにノリにノった横浜にパワーアップしていることを期待しつつ、
しっかりと応援してきたいですね。
私は、今までとは違った立場で観ている為、
レポート内容が薄くて申し訳ありませんが、
また会場へ行った際にはレポートアップします。

そして、最近会場で皆さん声をかけてくださって、嬉しいです!!
また見かけたら是非お声がけください♫

10月25日26日は小田原開幕戦!!
Go!B-COR!!
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ2013-2014 プレゲーム
2013-09-24 Tue 23:29
bjリーグ2013-2014シーズン開幕まで
一ヶ月を切りました!

今日は、横浜文化体育館で、
ビーコルのプレシーズンゲームが開催されました。
これは、シーズン開幕前に開催される簡単に言うと練習試合みたいなもので、
ここでシーズン前にチームがトレーニングしてきた成果を試したり、
本格的なゲームの雰囲気や勘を体感&取り戻すチャンスでもあり、
シーズン前のプレゲームとは言え真剣です!!

横浜ビー・コルセアーズ

今回の対戦相手は、NBDLの東京エクセレンス!
ビーコルは、他リーグとのプレゲームは初めてでは?
実は、東京EXはお世話になっている方の関係チームでもあるので、
完全な敵チームという感覚とは違う気持ちで
両チームの対戦を観戦させて頂きました。

横浜ビー・コルセアーズ

リーグが異なる=ルールが異なる
今回は、
・プレイー上のルールはbj
・コートはNBDL
・ボールは前半NBDL、後半bj
という感じで混合ルールで対応したことにより、
選手たちもいつもとは違う感じで対応するのが大変だったと思います。

そんな中、開始から徐々に東京EXがコンディションを上げ、
ボールも回るようになり、シュートも決まる、とても良いルーティーンが出来ていた。
横浜ももちろん、エナジー全開で向かうも、
ちょっと噛み合わない感じを受ける。
これは、東京EXが初見だからというのもあると思いますが。。。。

横浜ビー・コルセアーズ

大きくリードを許して迎えた後半、
きっと横浜ならコロッとひっくり返してくれるだろうと思っていましたが、
東京のハードでタフなプレイ横浜は飲み込まれていってしまった。

#3カバと#13ケンジの貫録はさらに磨きがかかり、
2人がコートに居るだけで雰囲気ががらりと変わったり、
若手選手のキレのいいプレイも沢山あって昨シーズンよりも成長していることが感じられた。
だけど、やっぱりチームプレイだから、
そこはコート上の5人の連携がどれだけ巧くいくかや、
ベンチも一体となってゲームを勝ち取ることに向かえるかにかかっている。
そのことを、すごーく実感させられたゲームでもありました。

なんて、能書き垂れていますが、
一方では、プレゲームだから、色々試しているんだよね?
と思うのも反面。真意は分かりませんが。

横浜ビー・コルセアーズ

結果、昨シーズンを通してみても、こんなに相手に得点を取らせて
敗けたゲームはあっただろうか?
というくらいの完敗でした!
んーーーー、こういうこともありますよね。


横浜ビー・コルセアーズ

<マイケルHCの会見>
今シーズンもDFは重視している。
久しぶりのホームゲームということもあり、エキサイトした状態でゲームに入り、
トレーニングしてきた内容も実践できなかった。
東京EXのプレッシャーを前にやりたいこともできずフィジカルで負け、
メンタルでもタフさで劣っていた。
大差で負けたが、シーズンインまでに一つずつ着実に修正していく。
とにかく、沢山の練習が必要だ。
フィジカルなDF相手にも対応できないとダメ。
プレイヤー同士の意思疎通がしっかりできていなくて
プレイ上で連携が巧くいっていないところも見受けられたから修正していく。



横浜は、コーチ陣も外人選手もガラリと変わり、
正に『新生 横浜ビー・コルセアーズ』として
新シーズンを迎えることになるわけです。
とはいえ、昨シーズンチャンピオンというのは付いて回ります。
選手やコーチは気にしていないのかもしれないけれど、
そこはやっぱり大前提に考えてしまいます。

今シーズンはそんな前期の栄光と
生まれ変わったチームを確立させたいのとで、
荒れ狂う海に出航するかのごとく、
厳しいシーズンになるのかもしれません。

ただ、横浜は本当に素晴らしいプロフェッショナルなコーチ・選手・スタッフの方々の
集結した特別なチームなのだということを確信しているので、
私は何にも心配していません(^-^)
なんだろうなー、
チーム始動の2年前を知っているからなのか、
絶対にこのチームならメンバーが変わろうと大丈夫!
ってすごく信じきっている。


bjリーグ2013-2014シーズン
開幕戦!!!
10月12日・13日 2Days @スカイアリーナ座間
VS 信州ブレイブウォリアーズ

私の故郷信州、同期の信州(2011-2012シーズンに参入したチーム同士)
新加入の#44ウェイン・マーシャルの古巣!
うーん、見どころがあり過ぎて、絶対に見逃せないーーーー!!!!!!!

過去に何人ものバスケのルールを知らない方を連れて
横浜以外のゲーム観戦にも出かけましたが、
bjリーグのゲームはパフォーマンス的にも、エンターテイメント的にも
老若男女楽しめる空間であります!
お連れした皆さん、私の知らぬ間に、好きなチームが出来たり、
何試合か観戦に出かけてくださっています(ハマりましたねw)

その中でも横浜は格別なチームだと強く推します!!!
是非みなさん、一緒に会場で盛り上がりましょう!
本当に楽しいですから(^^)

会場で私を見かけたら是非お声掛け下さい♪
「会場で、僕と握手!」
みたいな感じでしょうか(笑)
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
2013-2014シーズンの横浜ビー・コルセアーズ
2013-09-02 Mon 23:32
久しぶりのビーコルのこと。

シーズン開幕まであと1ヶ月ちょっと。
もう待ち遠しくて仕方がありません!!!

チーム公式HPでもコーチ陣や選手との契約について
正式に発表がありましたね。
これで、チームの体制がようやく見えてきましたが、
今シーズンは昨シーズンに比べて大きな変化があったので、
どんなチームになるのか全く未知数です。

まずは、昨シーズンまでアシスタントコーチだった勝久マイケル氏が
ヘッドコーチに就任。
青木勇人選手がアシスタントコーチに就任。
ビーコルに所属していた二人ではありますが、
どんなコーチングをするのか、とても楽しみです!

人間的にもとても素晴らしいお二人なので、
きっといいチームになるに違いありません!
2年前の夏のゲーリー就任前、
練習を見学に行った時にマイケル氏がコーチしていたのを思い出します。


そして、外国人選手は総入れ替え。
ウェイン・マーシャル(元信州ブレイブウォリアーズ)
マークゥィース・グレイ選手(元千葉ジェッツ)
オマー・リード(日本でのプロ契約はこれが初めて)

全員2m超えのビックマン!
どんな選手なのか、事前に勉強しておかないと。



今シーズンの楽しみは、
この2シーズンでビーコルに所属していた選手たちが他チームと契約合意に達し、
元ビーコル選手たちとの対戦が観られること!
昨シーズンは契約満了となった選手が他チームに移籍することがなかったので、
これはビーコル史上初のこと。
まぁ、プロの世界ではよくあることですが、
私はとてもわくわくしています。


今シーズはプレシーズンゲームで一足早く新生ビーコルを観ることが出来ます!
横浜の海賊達が、秋田へ乗り込みます!
秋田は過去何度も激戦を繰り広げてきたチームですから、
これは見逃せませんね!
と言いつつ、私は行くことが出来ません(>_<)
横浜ビー・コルセアーズでは、観戦ツアー参加者募集しています。
下記をご確認の上お早目にご応募を♪
まだ募集しているはず。。。
http://b-corsairs.com/20130829-2597


ビーコルの2013-2014シーズンは、
10月12日 スカイアリーナ座間にて
信州ブレイブウォリアーズとの対戦を皮切りにスタートします。

私は、今シーズはまた新たな立場でビーコルを応援していきます。
目標は、もっとバスケのルールを理解すること!
あんたかさん、宜しくお願いします(笑)
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 最高から最強へ
2013-06-04 Tue 02:27
ECC presents bjリーグ2012-2013ファイナルズ FAINAL!!!

ビーコル

8カ月に渡り、全21チームが頂点を目指して戦った、
bjリーグ2012-2013シーズンが、
このゲームをもって幕を閉じました。

カンファレンスファイナルで勝ち残ったチームが、
チャンピオンの称号を賭けて激突!


イーストチャンピオン横浜ビー・コルセアーズ

         VS

ウェストチャンピオンライジング福岡


ビーコル

オープニングセレモニーは、
鳥肌が立つほどかっこよくて感動的でした!

ファイナルズ一日目よりもはるかに多い横浜ブースターが、
会場をブルーに染めます。

ビーコルビーコル

センタービジョンからコートへと下ろされた幕に、
ビーコルのロゴや選手達の姿が映し出されました。
『海賊の新たな伝説』
という文字が出た瞬間、一年前の有明を思い出しました。
新規参入にしてファイナルズ進出の快挙を果たしたものの、
あと一歩及ばず悔しい思いが残りました。

二年連続で有明まで来れたことだけでも素晴らしいこと!
でも、彼らはとんでもないことを成し遂げてくれるに違いないと
なんとなく感じていました。

幕がコートへ舞い降り、
中からB-ROSEが登場!!!
彼女たちのパフォーマンスも、チームを盛り上げ続けてくれました!

会場がチャンピオンを見届けようと、
期待と興奮に包まれ、なんだかそわそわ・・・

ビーコル

アウェイの白ユニフォームで選手たちが登場。

朝、アップ後の選手たちに会った時、
すごくリラックスした表情で、
緊張というよりはこの状況を楽しんでいるようにも感じました。

泣いても笑っても一発勝負!
これで今シーズンのチャンピオンが決まる!!!

ビーコル

序盤から、#3蒲谷のシュートが止まらない!
打てば入るほど好調で、
前半だけで23得点!
あれは神がかっていましたねー。
しかし、福岡#8竹野の3Pと#2ウォーレンのシュートが好調で、
大きくリードは出来ず。


ビーコル

#1トーマス、#7木村のハードなDFはお見事!
#22ショーンはやっぱりゴール下にいると安心する!
#37河野のスピードあるボール運び!
#73久山の流れを引き寄せる果敢なシュート!
横浜らしいプレイの数々で横浜ペースをつかみますが、
終盤福岡がリードする展開に。
福岡#4アシュビー、#22ペッパーズにシュートを許し、
44-40 4点ビハインドで前半を折り返します。

ビーコル

後半、#10パプがゴール下で活躍!
シュートを決め、リバウンドも獲得し、
その気迫あるプレイに会場もヒートアップしました!

ビーコル

#13山田はマークがきつくて、
フロントコートへボールを運ぶのが大変そう。
それでもしっかりボールを回しているのが本当にすごい!

これだけ前線でボールを奪いにくるのは、
レギュラーシーズンではあまり見られない光景。
さすがFINAL!!

第3Qは横浜がリバウンドが上回りより多くチャンスを作り、
またそれをものにして、
68-60 横浜が8点のリード!
均衡したゲームでこのリードは大きい!

ビーコル

いよいよ最終クオーター。
一時は11点リードとなるも、残り7分切った所で福岡に5点差にまで詰められます。
しかし、#2キング・バーンズがインサイドに切り込んでシュートを決め、
更に巧くファウルをもらい、
フリースローを確実に決めながら得点を重ねていきます。
大事な場面で着実にポイントを稼いでいく、さすがバーンズ!

残り1分で10点リード。
でも、バスケは1分でこの点差がひっくり返ることがよくある。
大丈夫と信じながらも油断できないと思い、
ここからはお得意のお祈りタイムw

その願いが通じてか、
横浜ビー・コルセアーズ
bjリーグ参入2年目にして初優勝!!!!!

ビーコル

1年前のファイナルで、この歓喜の中に横浜がいたらな・・・という、漠然とした思いを抱いたのと、
ファイナルズの少し前に、このキラキラシャワーの中に横浜がいることが想像できる!
とブログに綴った通り、横浜の優勝を信じていた気持ちと、
なんだか目の前で起こっていることが夢のような光景でした。

ビーコル

歓喜に沸く横浜、本当によかった!
チャンピオンにふさわしいチームだと思います!

ビーコル

それは、この方々の力も大いに影響している。
横浜ブースターの皆さん、
昨シーズンよりもはるかに人数が増えたのはもちろんのこと、
いつでも熱いブーストを送ってくれる皆さんの存在が、
B-CORをチャンピオンにしてくれたと言っても過言ではないでしょう。
そして、一緒に盛り上げてくれたベストパフォーマーのB-ROSE!
彼女たちのパフォーマンスには毎回魅了されました!

ビーコルビーコル

チャンピオンだけに許されたセレモニーの数々が続きます。
最高の笑顔のコーチや選手、フロント陣。
普段のゲームで勝利した時でもこんな無邪気なまでの笑顔は見たことがないので、
その姿を見ているだけで本当に嬉しくなる。

ゲーリーHCは記者会見でこんなことを話していた。
「本当に素晴らしい!特別なチームだ!
横浜が優勝するなんて、多くの人が信じていなかった。
でも、今日ロッカーでチャンピオンTシャツとキャップを身に着けているメンバーは、
最初から優勝できると信じていた。そのことを誇りに思う。
色んなものと戦ってきたが、我々は強いハートで戦った。
どんな壁も自分たちで乗り越えられたし、本当に素晴らしいチームだ。」

ビーコル

そして、ファイナルズMVPは文句なしの蒲谷キャプテン!
記者会見では昨年亡くなったお父様につい
「バスケをする姿をいつも応援してくれていた。
父の教えを忘れずに今シーズンプレイしてきた。
今日の優勝とMVPのタイトルもきっと父が見守ってくれていたから獲れた」
と語り、記者会見後の囲み取材では、
あれだけ決まったシュートについてやこの1年についてこう語った。
「普段では打たないタイミングで打っていたし、
それが入ると気持ちも大きくなる。
ボールを持った瞬間に絶対に打つ!という強い気持ちが湧いてきて、
そういう時は自然とボールがリングに吸い込まれていく。
今日は特別なゲームで特別な思いで、特別なプレイが出来た。
今年はシーズン前から特別なチームだと感じていたので、
この一年間今まで以上に絶対に負けたくないという思いで戦ってきた。」

その他、日本人の一部の選手のお話が聞けました!

●山田選手
「長い一年でしたが、最後こういう結果で終われて良かった。
決勝の朝は、コーチが前日に
「明日の朝目覚めたらもう優勝しているという気持ちで今夜は休もう」と言ってくれたので、みんないいモチベーションで決勝に入れたと思うし、
そんなに緊張はしていなかったと思う。
色んな選手が自分にDFについてプレッシャー掛けられたので、
逆にアタックした時にファウルをもらってフリースローに持ち込めたから、
自信を持って打つことができ、決定率も上がった。
大きい外人選手を抜いてボールを運ぶのは大変だったが、
蒲谷選手やバーンズ選手のシュートが決まっていたので相手もマークの的が絞れず、自分としてはボールを振りやすかった。
横浜は、ハードにプレイをするとてもいいチーム!」

●木村選手
「均衡したゲームだったが、
3Qでチームに勢いがついたのが勝利のキーになったと思う。
チームのDFとして支えられたと思うので、そこは自信につながった。
昨シーズンよりもプレイタイムも増え、重要な所でコーチも使ってくれるようになったので、その期待に応えられるように必死に頑張った。
一番欲しかったチャンピオンリングに手が届いたというのは、
コーチの下、細かな所まで忠実に実践してきたのは間違っていなかった証。
自分のキャリアの中で大きな自信を得ることが出来た。」

●久山選手
「ファイナルズの2ゲームは、レギュラーシーズンと変わらず、
いつもと同じように練習も試合も入れた。
自分でもこんなにフラットにいられたことが不思議なくらい。
蒲谷選手は、目標でありライバルと思っている。
並大抵では追いつけないので、本当に努力を重ねて追い越したいです。
次のシーズンに向けて、自分に足りないところを一つずつクリアしていきたい。」


それぞれの思いもありながら、
チームを信じ、自分を信じ戦ってきたことを改めて確認できるコメントが多かったです。
何より、チームがとても強い絆で結ばれているなと。

最後に、集合写真。
ビーコル

どんなポーズにするの?どーするの?
と、あーでもないこーでもないやった末(笑)
最初クールなキメポーズだったんだけど、
私はこっちの写真が好き!
喜びが爆発している様子が伝わってくるいい写真です!

でも、こっちの方がもっと好き!
ビーコル

本当にいい笑顔です!


2011年3月に初めてビーコルを取材して以来、
丸2年取材を続けてきました。
自分自身、取材してきたチームが優勝することは初めての経験で、
こんなに素晴らしい経験をさせてくださった横浜ビー・コルセアーズに感謝です!
いつも取材に答えてくださった
コーチ、選手、廣田代表、小川GM、B-ROSEのおかげで、
リスーナーさんへビーコルの魅力や生の情報を届けることが出来ました。
そして何より、広報のあんどうさん。
バスケのルールをほぼ知らない私でしたが、
あんどうさんが毎試合解説してくださったおかげで、
ルールを理解できたほか、何よりもバスケの楽しさを知ることが出来ました!
恒例のカツサンドも、いつも本当にありがとうございました(^-^)

これで横浜ビー・コルセアーズの取材記録は一旦終了。
来シーズンからは違う立場でビーコルを応援していきます。

そして、最後に。

横浜は、最高で最強のチームになりました!!!
Congratulations.
And thank you B-COR!!!

別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:4 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ カンファレンスファイナル!!
2013-05-18 Sat 23:39
ECC presents bjリーグ2012-2013FINALS
いよいよ今日から始まりました!

横浜ビー・コルセアーズは、
第二試合のイースタンカンファレンスファイナルに登場!
対戦相手は、イースタン1位の新潟アルビレックスBB

ビーコル

試合開始前にブースターミーティングが行われ、
オープニングの際に有明をブルーに染めようということで、
ペンライトで『ブルーライトヨコハマ』を演出!
写真以上に実際はもっと青い輝きが美しかったです。

ビーコル

B-ROSEの花道の中、
去年の忘れ物を取りにカバさんがこの地へ戻ってきた!
キャプテン、しっかり頼みますよ~。

ビーコル

横浜側には多くのブースターが詰めかけ、
BGMが掻き消されるほどの大声援!
そして、選手たちがウォーミングアップに入った瞬間、
耳を疑う声が聞こえてきた・・・

横浜ベンチ側から、相手チームの「アルビレックス」コールが聞こえてきた。
最初、私の耳が悪いのかと思ったほど、
状況が理解できませんでした。
しかし、間違いなく横浜ブースターが新潟にエールを送っている。
なにこれ!?もー、なにしてんのよーーー!
思わずウルウルしてしまうくらい、横浜のチームを本当に誇りに思いました。
最初動揺していた新潟ブースターもすぐに横浜へのエール返し!

両チームの素晴らしいブースターの姿は、
この試合がきっと素晴らしい試合になることを予感させてくれました。

ビーコル

シーズン中の対戦成績は1-3で横浜は新潟に負けていました。
新潟は高さがあるから、横浜がリバウンドをしっかり取れれば
きっと勝てる!

開始早々、カバさんの3Pが炸裂!
幸先良いスタートかと思いきや、新潟に立て続けに得点をゆるし、
新潟がやや引っ張る展開で、横浜は食らいついていく。
ショーンが今日もゴール下で高さを生かして活躍!
ケンジさんはボールをしっかり運び、ゲームコントロールをしていきます。
キムさんのDF、相変わらずキレキレでした!

両チーム共にシュート決定率が伸びずロースコア。
最後はバーンズのブザービーター3Pが決まり、
前半は29-29の同点に!

横浜はファウルが重なり、ちょっと後半が心配・・・

ビーコル

後半、トーマスの連続ポイントで横浜優位に!
しかし、すぐさま新潟に追いつかれます。
一進一退の攻防が続き、もう息をするのを忘れる程の展開!

パプが気迫のリバウンドを取れば、
カバさんのドライブも決めてくれます!
しかし、第4Qついにショーンが5ファウルで退場。
横浜これ以上のファウルアウトは避けたい。

後半に入ってから横浜がゲームを引っ張る展開だったが、
残り2分で新潟に同点に追いつかれる。

52-52
ここからがもう祈りっぱなし。
あんなに熱心に祈ったのは初めてかもw
互いにシュートが決まらないまま時間が過ぎ、
残り23秒で横浜ボールに!
最後はきっとあの男にボールが渡るだろう。
そう、キング・バーンズ!

マークも付いている中バーンズにボールが渡り、
これが決まれば横浜の勝利!外れれば延長・・・
ブザーと共にバーンズが放ったシュートが見事ネットに吸い込まれていった!!!!!
こんな劇的なこと、あっていいのか!?
本当に信じられない気持ちと、やっぱりやってくれた!という喜びと、
ブザービーターが決まった瞬間歓喜の雄たけびとガッツポーズをあげていた。

ビーコル
ビーコル

バーンズのもとに選手が駆け寄り、
ブースターもみんな抱き合いったりしながら大喜び!
私もあまりの感動に、涙をこらえきれませんでした。
身体が震えるほどの痺れるゲーム。
本当に素晴らしかった!

ビーコル

この素晴らしいゲームの序章を作ってくれたブースターの皆さん。
チームを盛り上げようと、様々な工夫がされていて、
本当に最高のブーストでしたよ!!

ビーコル

記者会見でのゲーリーHCのコメント。

横浜のチームにとって歴史的な瞬間を迎えることが出来、選手たちを誇りに思っている。
リバウンドがポイントだと思っていたが、
横浜は根性を見せて新潟よりも多くのリバウンドを獲得した。
サイズがあってアグレッシブナ新潟に対抗するには、
ボールを大事にして、良いシュートを放って攻撃が終わればと考えていたが、
そこで重要な役割を果たしてくれたのは山田謙治選手だ。
彼はシーズン通して、スタッツには載らない活躍を見せ、
チームをしっかりと導いてくれた。
彼は影のヒーローだ。
バーンズは特別な選手で、今日も特別なシュートを決めてくれた。
最後のタイムアウトでは、バーンズにボールを渡してゲームを作るよう指示した。

ブースターの皆さん、本当に最高のブースターで、横浜のブースターがNo1です!
いつも心強いサポートをありがとうございます。
明日、もう一度応援をお願いします!
有明を横浜のカラーで染めて、私たちに力を貸してください!


続いて、選手のインタビュー。
と言っても、かなりラフな感じで話した内容です。

カバさんは、いつもの横浜のプレス陣がにこにこしながらマイクを向けたら、
「いやー、きましたねー」と、やっぱり喜びが隠せない様子。
去年の悔しい思いがまずは晴らせたことへの喜びが感じられました。
そして、こんなことも話していました。
「僕の人生できっと優勝できるとしたらこれが最初で最後のチャンス。
 特別なチームだし、今年は本当にいい経験が沢山できた。」
と。選手が何年も積んできたキャリアの中でも、
やっぱり優勝出来ることってどれだけ大変なことなのか感じたコメントでした。

そして、バーンズは、
「最後のシュートはコーチやチームメイトが自信を与えてくれたから、
 色々考えずに打てた。でも、決まってよかった(笑)
 明日のことはまだ考えていない。」
そうなんです、バーンズはどんなに良いゲームでも悪いゲームでも、
翌日に引きずらないし、事前に色々考えないっていつも言うんです。
でも、それが本当は一番いいんでしょうね。
いつでもリラックスした精神状態でいられるようにしないと、
心身ともに疲労が抜けないですから。


さぁ、いよいよ、泣いても笑ってもこれで決まる!
夢じゃないよね?現実よね?
横浜がチャンピオンになるまでのステップはあと一つ!

優勝と言う宝を求めてスタートした今シーズンの航海も、
いよいよ明日終わります。
宝を手にして終わるのか。
はたまた、また有明に忘れ物を取りに行く航海をすることになるのか!?

神様、どうか横浜に栄冠を!!!!!!


ECC Presents bjリーグ2012-2013シーズン FINALS
FINAL 17:10 Tioff
横浜ビー・コルセアーズ VS ライジング福岡

明日、横浜が
最高のチームから最強のチームになる!!

別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ プレイオフセミファイナル
2013-05-12 Sun 20:15
横浜ビー・コルセアーズ プレイオフセミファイナル!
横浜によって特別な地、横浜文化体育館で迎えたのは
富山グラウジーズ。

ビーコル

恒例の必勝祈願「カツサンド」
今回も広報のあんどうさんが差し入れして下さいました♪
思えば、昨シーズンのプレイオフセミファイナルで
カツサンドを振る舞っていただいて以来、
恒例化している気がする。

ビーコル

両者の対戦成績は5分。
レギュラーシーズン2位の横浜と3位の富山。
ほぼ互角のチームがどんな戦いを見せるのか。

1Qは完全に富山に持っていかれましたね。
記者会見ではゲーリーHCも選手たちも言っていましたが、
2週間ぶりの実戦だったので、
感覚が戻るのに時間を要したが、全く焦りはなかったと。
横浜のエンジンがかかれば大丈夫!というのは分かっていても、
やっぱりちょっと不安な気持ちで観ていました。

途中、キャプテンのカバさんが皆を集め、円陣組んでいるのを見て、
そうだ!横浜はチーム力で絶対に勝てる!
ホーム文体のパワーが絶対に横浜を後押ししてくれる!
そう思ったら行ける気がしてきました!

1Q 12-25

ビーコル

第2Qでようやくエンジンがかかった横浜。
横浜にしては珍しくファウルを多くとられてしまい
ファウルアウトが心配でしたが、
そんなことはお構いなしと言わんばかりに
ガンガン攻めて得点さを縮めていきます。
13点ビハインドだったのが、3点差にまで追い上げた!

2Q 36-39


ビーコル

第3Qは、もう互角。
横浜が同点まで追いつくも、すぐさま富山にゴールを決められ、
横浜なかなかリードしきれない展開。
リードすることがとても遠く感じました。
しかし、キング・バーンズの連続ポイントや
富山の良い流れを断ち切るようなカバさんのシュートが決まり、
流れは徐々に横浜へ。

3Q 60-62


ビーコル

最終クオーター。
序盤にキング・バーンズが連続3Pを決め、富山たまらずタイムアウト。
待ってました!バーンズ!!
横浜、一気にリードを広げたたみ掛けたいところ。
リバウンドは横浜が勝っています。
そこからチャンスにつなげていきます。

パプが気迫のシュートカットを見せ、
会場が一気にヒートアップ!
パプのどや顔も健在!笑
トーマスのシュートも好調に決まります。
ショーンはゴール下で迫力のブロックにシュートまで!頼もしい!
ケンジさん途中負傷が心配でしたが、すぐに復活!
会場からはケンジコールが。

全精力をぶつけた結果・・・

86-75

捥ぎ取ったこの勝利はでかい!

ビーコル

会場、スタンディングオベーションで
激戦を制した選手たちを労います。
でも、間違いなくブースターの皆さんの声援が
彼らの力になっていますね。


ビーコル

記者会見では、開始早々かなり表情が硬く見えたことから
緊張しているのかな?なんてプレス席で話していたことに対して、
トーマス「プレイオフの興奮から表情や動きが硬かったかも」
カバ「確かに、いつもしないミスもあったけど、2Qでしっかり立て直せた」
ケンジ「2週間ぶりというのもあるが、そう見えたのならそうだったんでしょうね(笑)
    バレないようにやらないと」

と、選手それぞれ個性ある回答が聞けました。


さて、この翌日行われたプレイオフセミファイナル第2戦。
これに勝てば有明!
敗ければインターバルの後に決定戦が行われる!
仕事をしながら速報ばかりチェックしていた私(^^;

富山のエナジーがすごくリードを許して
残念ながら1勝1敗の引き分けに!
昨シーズンと同じ展開、決定戦突入!!!!

プレイタイムも短く、
これが本当に最後のチャンス!
聞くところによると、ブザービーターも飛び出たそうで、
横浜なんとか勝利を掴み取り、
2年連続ファイナルズ進出決定!!!

信じていたけど、本当に決めてくれるとは、
最高のチームです!
ファイナルズのスケジュールは下記の通り。

----------------------------------------
■5月18日(土)
プレイオフ ファイナルズ1日目 開場:12:00 
・第1試合:ウェスタン・カンファレンス ファイナル
 開演:13:30(予定) 試合開始:14:10(予定)
・第2試合:イースタン・カンファレンス ファイナル
 開演:17:30(予定) 試合開始:18:10(予定)    

■5月19日(日)
プレイオフ ファイナルズ2日目 開場:11:00
・第1試合:3位決定戦 1日目の敗者同士
 開演:12:30(予定) 試合開始:13:10(予定)
・第2試合:ファイナル 1日目の勝者同士
 開演:16:30(予定) 試合開始:17:10(予定)

会場:有明コロシアム(東京都江東区有明2-2-22)
----------------------------------------


今日の試合でファイナルズ出そろいました!
イースタンからは、1位新潟、2位横浜
ウェスタンからは、2位福岡、5位京都
ウェスタンの1位、2連覇中の沖縄がまさかの敗退!
今日の京都戦で決定戦にもつれ込み、
京都が大逆転勝利となったようです。

【横浜との対戦成績】
新潟 1勝3敗
福岡 0勝2敗
今日とは今シーズン対戦がありませんでしたが、
昨シーズンのファイナルズ3位決定戦で横浜が勝利しています。
いったいどうなるのか・・・

私も会場に行きます。
こっそりカツで必勝祈願しつつ♪

長いようで短かった今シーズンも後2試合で終わる。
これで今のチームとはお別れ。
ちょっと寂しいけど、2年連続有明に連れて行ってくれる選手たちに感謝!
優勝を手にして、有終の美を飾れることを期待しています。
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
bjリーグプレイオフへ!横浜優勝だよね?
2013-04-30 Tue 23:40
4月最終週末をもって、2012-2013シーズンのレギュラーシーズンが終了。
この後はいよいよプレイオフスタートとなる。

私がいつも取材をしている横浜が属するイースタンカンファレンスは、
本当に最後の最後まで順位決定がもつれ込んだ。

首位で今シーズンを終えた新潟と、
2位の横浜とのゲーム差は1。
2位横浜と3位富山のゲーム差は0。
※勝敗が同じ場合、直接対決時の結果が優先される
3位富山と4位岩手もゲーム差1と、大混戦状態!
横浜は、イースタンの中で唯一負け越しているのが首位新潟だ。

一方、ウェスタンカンファレンスは早々にプレイオフ進出チームが見えてきた。
というのも、2連覇中のディフェンディングチャンピオン
琉球ゴールデンキングスが、正にキング状態!
シーズンを終えてみれば2位の福岡と8ゲーム差!
個人的に気になるのが、昨シーズンまでイースト所属だった浜松が、
ウェスト初年度の今シーズンがプレイオフ進出枠ギリギリの6位ということ。
昨シーズン、横浜は浜松に敗れ、悔しい思いをしました。
だから、あの強い浜松がウェストの6位というのは、
なんとも不思議な感じ・・・

ちなみに横浜は、ウェストのトップ2に、2戦中2敗している。


チームはシーズンが終われば一時解散状態で、
特に外国籍選手は入れ替わりが激しい。
そんな中横浜は、日本人選手は昨シーズンから全員契約継続。
外人選手は、昨シーズン途中加入のバーンズが今やキング・バーンズと呼ばれるまでに。
そして、ゴール下のチャンスメイカー(リバウンド頑張ってる!)パプが契約継続。
新加入のトーマスとショーンも、
加入当初はマッチしないこともあったけど、
すぐにチームにマッチして素晴らしい活躍を見せてくれました!

今の横浜は、やっぱり昨シーズンよりも成熟度を増したと思う。
結成2年目で、チームの基盤が出来たからなんでしょうけど、
インタビューをしていても選手たちのメンタルのアップダウンを
昨シーズンより感じなくなりました。
やっぱり、築き上げた人間関係ってものすごく大事なんだと実感。
一番起伏が激しいのはゲーリーHCでしょうか。。。なんてねw
でも、ゲーリーがあれだけ熱く、リスペクトできる方だから、
選手たちが存分に実力を発揮できるのかもしれません。


結局、横浜のことばかりになりましたが(笑)
新規参入の昨シーズン、まさかプレイオフに行けるなんて!
と驚いていたところに、文体での秋田との対戦。
これに勝てば有明・ファイナルズへの切符をゲット!
そんな中、1勝1敗で迎えた延長戦。
※プレイオフは1勝1敗の場合、
インターバルの後に延長を行い勝者がその先へ進める

私の人生の中で最高にエキサイティングなゲームだったなぁ。
もぅ、ゲーム中祈りっぱなし(笑)
1年経った今でも、あの時の感動と興奮が甦ってくるほど。
夢を見させてもらった、そんな素晴らしいゲームでした。

だけど、今年は夢じゃ終わらないはず!
シーズン開始前から「優勝」を目標に掲げて戦ってきたチームは、
「優勝」意外はありえない!
と、選手自身が言葉に出してそう宣言していました。

あとは有言実行!
私の中では、あの有明の舞台で横浜がチャンピオンになる画が
完全にイメージできていますよ♪
あのキラキラテープのシャワーを浴びているのは、
横浜に違いない!

横浜が今シーズンの冠を頂きます!!!!!!

bjファイナルズ
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:3 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対埼玉戦レポ
2013-04-28 Sun 16:10
横浜ビー・コルセアーズ 久しぶりのゲーム観戦!
この日は、埼玉ブロンコスとの対戦が所沢市民体育館で行われました。

この週末のゲームで、
今シーズンのレギュラーシーズンは終了です。
プレイオフ進出上位4チームの順位がまだ決まっておらず、
横浜としては絶対に落とせないカード!

この日爆発したのはこの2人!



#3 キャプテン・カバこと蒲谷正之選手。
打てば入る程の好調で、1Q途中まではカバしか得点を決めていない状態w
怖いくらいにポンポン入るのだ。
ハーフタイムの時にちょっと話をしたら、
いい意味で自信と気合が感じられました。


いやー、本当にかっこよかったし、頼もしかったなぁ。




そして、#1 トーマス・ケネディ。
トーマスは特に後半爆発して、
前半のカバのポイントゲッターを受け継ぐかのように、
これまたポンポン入る。
試合終了後にお話を伺ったら、
スコア出来ていたからプレイしていて気持ちがよかったと。

2人とも、シュートを打つのに自信が感じられたました。

そして、すごい記録が!
チーム最高得点と最多失点記録を同時に更新!

124-99 ものすごい点の取り合いとなりましたが、
なんとかビーコル勝利をおさめました!




そして、今日のレギュラーシーズン最終戦もきっちり決めて、
ビーコル久しぶりの二連勝!!!
プレイオフ直前のこの二連勝は相当でかいと思います。

最後までもつれ込んだイースタンの順位ですが、
この週末の結果で、首位新潟に次いで
横浜は2位でプレイオフ進出が決定!

プレイオフは
5月10日(金)19時30分開始
5月11日(土)14時開始
in 横浜文化体育館

チケットは5月1日から各種プレイガイドで発売開始。

このプレイオフに勝たないと有明の舞台へはいけません。
なので、皆さん、文体で熱いブースとをお願いしますね!!!

Let's Go B-COR!!!!


横浜B-CORSAIRS
http://b-corsairs.com/
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対ライジング福岡レポ
2013-04-02 Tue 20:35
3月30日、31日 ウェスタン3位のライジング福岡を迎えてのホームゲームが
横須賀アリーナで行われました。

既にプレイオフ進出が決まっている横浜ですが、
選手たちはどういう心境なのか。
ゲーム前に、ウォーミングアップ中の蒲谷選手と木村選手にインタビューしました。



横須賀が地元の蒲谷選手。
いつも通りのプレイが出来れば勝利は見えてくるはず。
プレイオフ進出はあくまでも目標の途中で、
最終目標はやっぱり優勝です!とのこと。
全く気が緩んでいる様子はなく、この日の試合に集中していました!



木村選手は、火曜日からがっつり練習できて、コンディションもいい。
目指すところは2位以上でのプレイオフ進出なので、今一度気を引き締めている。
今シーズンは、昨シーズンよりも更に一戦一戦大切に戦ってきたので、とても速かった。
と話してくれました。



いつもお世話になっている広報のあんどうさん。
いつからか始まった、ビーコルプレスの験担ぎ「カツサンドを食らう!」
毎回カツサンドを差し入れして下さいます。
この日は最後の取材だったので、
ラストカツサンドと共に記念撮影♪

この日のスターティング5は、
#1トーマス、#3蒲谷、#7木村、#13山田、#22ショーン


立ち上がり、福岡に対しインサイドもアウトサイドも積極的に攻めていた横浜。
横須賀が地元とあって気合十分の#3蒲谷と#1トーマスのシュートが爆発して、
ゲームを引っ張ります。
しかし、リーグトップの得点力を誇る福岡は、シュート決定率が80%超えと驚異的。
第1Qは27-26横浜が1点のリードで終えます。
第2Qの出だしで横浜はシュートが決まらず、
一方確実にシュートを決めてくる福岡に逆転を許し、一時は6点ビハインドに。
横浜は#13山田も積極的にシュートアタックをしたり、
#3蒲谷の連続ポイントも決まり、
なんとか1点ビハインドまで追い上げ、前半を折り返します。



1点ビハインドで迎えた後半、互いに点を取り合いますが、
福岡にリードを許し、横浜が追う展開が続きます。
福岡のシュート決定率がいいのに対し、横浜は福岡のファウルを誘い、
フリースローを確実に決めて得点を重ねていきます。
1分50秒の#10パプの2P以降、両チームともフリースローでしか得点が入らず、
67-67 大接戦の同点で最終クオーターへ突入!
互いにハードなDFを展開。
チャンスを迎えてもシュートが決まらず、得点が伸びません。
7分4秒に#3蒲谷が3Pを決め、横浜ペースに持っていけるか!?
と思ったが、その直後福岡に4連続ポイントを与えてしまい、
一気に5点ビハインドに。
しかし、#1トーマス、#10パプのシュート、更にバスカンもとって同点に!
一進一退の攻防の末、同点のまま時間が過ぎ、
横浜は決定的なチャンスでシュートが決まらずなんと延長戦に!!



今季、こんな展開のゲームは初めて見ました!
そういえば、昨季はこういうのよくあったなーと懐かしく思いながらも、
決めきれなかったのが残念で仕方ない。

延長戦もシーソーゲームが続くも、
ここにきて横浜はフリースローが外れまくり!
3Pも5本打つが1本も決まらず!
徐々に福岡にリードを広げられ、97-106で負けてしまいました。
福岡のエナジーはすごかった!
全力で横浜に向かってきているのが感じられました。



記者会見では、
ゲーリーHC:良いファイトとスピリットを持って臨んだが、
       DFでやるべきことを遂行できなかった。
       今後に向けて修正しなければならないことがまだある。
       出だしは攻撃的でよかったが、DFの鋭さとシャープさが欠けていた。

蒲谷選手:オフェンス力の高い福岡でしたが、
      DFで簡単に点を取られるのはうちのスタイルではないから、
      プレイしていても変な感じだった。
      しっかり気を引き締めて2戦目を迎えたい。
トーマス選手:勝つための努力はしたが、DFをもっと強化しなければならない。
        最後は福岡はやるべきことをやって勝利したが、
        自分たちはやるべきことが出来なかった。


このコメントからもわかる通り、
決してエナジーが足りないゲームではなかったんです。
福岡はすごくいいチームで、やはりオフェンス力があって、
ハードで緻密なDF力がストロングポイントの横浜が
どこまで福岡のオフェンスを抑えられるかが鍵となりました。
横浜もエナジーはあったし、集中していた。
ゲーリーHCが、プレイオフのような雰囲気の中、
クオリティの高いゲームになると思っていたと言っていましたが、
正にそんな素晴らしいゲームでした!


試合後、山田選手に単独インタビューをしました。
すごくタフなゲームで、福岡のシュート決定率が高く、
それに対して横浜は大事な所でミスをしてしまったのが敗因だと感じる。
どこからでも打ってくることは分かっていたので、
そこをしっかりアジャストしないと、今後プレイオフでも勝ち残っていけない。
何としても、1位・2位通過したいから、残りのゲームは全勝するつもりで戦いたい!
ホームゲームは、最後に平塚でありますが、
是非会場で応援して下さい!

山田選手にも沢山インタビューさせて頂きましたが、
本当に真面目で冷静な人。
ガードは天職ですね!


この次の日の2戦目も大接戦でしたが、
66-67で横浜痛い二連敗・・・
悔しい!
首位の新潟もまさかの2連敗だったため順位は変わらず。
ただ、3位・4位の岩手と富山とのゲーム差が縮まってしまったので、
残りのゲーム、一つも落とさずに行きたいところ。


次回ホームゲームは最後のホーム!
平塚総合体育館で開催!
4月20日(土)18時Tipoff
4月21日(日)14時Tipoff 対千葉ジェッツ戦

みんなで横浜を応援して、首位で有明へ!
そして、今年こそ優勝!!!
あのー、番組最後のゲームがまさかの二連敗だったので、
絶対に優勝してくださいよー(´Д`)なんてね♪笑

これでビーコルのゲームレポは一旦終了です!
これからは、ビーコルブースターとして応援していきます!

横浜B-CORSAIRS
http://b-corsairs.com/
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対浜松戦レポ
2013-03-25 Mon 11:19
3月20日@横浜国際プール
VS 浜松・東三河フェニックスのゲームレポートです。

浜松は、昨シーズンプレイオフで敗れた宿敵!
更に、一度も2連勝したことのない相手!
更に更に、この2連戦を制すると、プレイオフ進出が決まる!

敗けられない、敗けたくないこの大戦、
1戦目の19日は、故障していた#2バーンズが6試合ぶりの復帰。
お互いにディフェンスの強いチームで、
第3Qまでは横浜がわずかなリードを保ちながら、大接戦が続きました。
しかし、第4Q立ち上がりから#2バーンズの連続得点でリードを広げ
横浜のペースへと持ち込み、81-67で浜松に勝利!

19日の勝利で、プレイオフ進出まで マジックが1となったビーコル。
ゲーリーHCがいつもおっしゃるよううに、
2連勝しなければ意味がない!

20日のスターティング5は、
#1トーマス、#3蒲谷、#7木村、#13山田、#22ショーン

ビーコル

1Q、2Qの立ち上がりが、両チームともにシュートの精度が悪く得点が伸びません。
しかし横浜のディフェンスが機能し、前半は21失点に抑えます。
一方オフェンスでは、#1トーマス、#3蒲谷の3Pや、#22ショーンのゴール下での活躍で
37-21 横浜が16点リードして前半を折り返します。

ビーコル

リードで迎えた第3Qは、浜松のゾーンディフェンスに手こずり、
みるみるうちに点差を詰められてしまいます。
決まり出したら止まらない浜松の勢いを何としても止めたい横浜ですが、
このQだけで浜松に25得点を許し、52-46で最終クオーターを迎えます。
リードを保って逃げ切ることが出来るのか!?

ビーコル

第3Qで一気に点差を詰めて勢いのついた浜松の流れを引きずった感が。
そのせいか、横浜シュートが入らず。
一方浜松は徐々に得点を積んで、残り7分12秒でついに同点に!!
ここで離されたくない横浜、この日3Pが不調だった#2バーンズがようやく3Pが決まり、
浜松に食らいついていきます。
しかし、浜松のDFのプレッシャーがすごくてインサイドへ入れない。
均衡した時間がしばらく過ぎますが、#1トーマスの3P、
そして直後の#2バーンズのスティールから#1トーマスがダンクシュート!
この瞬間、一気に会場のブーストも上がって、このまま横浜が逃げ切り
76-67 横浜が宿敵・浜松に2連勝を上げました!

ビーコル

記者会見でのコメントです。

ゲーリーHC:ビーコルにとって浜松に2連勝できたことは嬉しいこと。
      ゲームプランには満足しているが、前半もっとリードを奪いたかった。
      トーマスはこの2連戦で、ポイント、リバウンドと活躍してくれた。
      ケンジは2日間よくタフに戦ってくれた。
      そして、勝利できたのはブースターのおかげ!
      ブースターの皆さんの心強いブーストで私たちはいつもパワーをもらっている。
      横浜のブースターは素晴らしい!

バーンズ:いいプレイが出来た。大事な場面を乗り切ることが出来、チームがまたステップアップした。
蒲谷:プレイオフで負けた相手だったので思い入れがあったが、とても良い形で勝利できた。
トーマス:シュートが入らない時もDFで何とか持ちこたえ、集中力・努力・エナジーで何とか頑張った。


イースタンカンファレンスでプレイオフ進出を1番乗りで決めた横浜!
この2連勝は残りのシーズンに大きく影響するゲームだったに違いありません。
チームにとって大きな自信につながったはず。

レギュラーシーズンは残り10試合、
このまま連勝でプレオフに突入だーーーー!!


次回のホームゲームは、
3月30日(土)31日(日)対 ライジング福岡
@横須賀アリーナ

私は最後の取材なので、気合入れて臨みます!
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対大分戦レポ
2013-03-10 Sun 22:53
3月9日@横浜国際プール
VS 大分ヒートデビルズのゲームレポートです。


先週、ディフェンディンぐチャンピオンの琉球ゴールデンキングスに2連敗して、
首位を新潟に明け渡した横浜。
再び首位に立つことは出来るのか!?




この日は、ウォームアップ中の木村選手、久山選手に話を聞くことが出来ました。
約1ヶ月にわたるアウェイ戦を振り返って、
2人とも言っていたのは、
遠方まで駆けつけてブースとを送ってくれたブースターの事。
今回のアウェイの対戦チーム、信州・岩手・沖縄は、
入場者数も多く完全アウェイの中での戦いとなったようです。
そん中、横浜ブースターが沢山駆け付けてくれて、
すごく心強かったし力になったと。
そのおかげで、沖縄戦は連敗してしまったものの
首位をキープしつつ、収穫も大きいロードだったようです。



この日のスターティング5は、
#1トーマス、#3蒲谷、#7木村、#13山田、#22ショーン
キング・バーンズは故障でこの日も欠場。



序盤、キャプテン#3蒲谷の得点が好調に決まりゲームを引っ張ります。
ベンチスタートのメンバーと入れ替わった後も、得意のDFで相手を抑えて、
このクオーターだけで、24秒バイオレーション3回奪い、しっかり守り切ります。
ハードなDFからチャンスを作ると、#73久山の3Pが決まり、横浜リードの22-11。
第2Qに入ると、両チーム共にファウルが多くなり、フリースローでの得点が増えます。
そんな中、3分35秒タイムアウト後、スティールでチャンスを作り、
#3山田の速攻から#1トーマスへパスが通り、
体勢を崩しながらもスピード感あるシュートを決めてくれました。
これはしびれましたねー!
38-24 14点のリードで前半を折り返します。

前半、横浜のターンオーバーが8個といつもに比べてかなり多いのが気になりました・・・
集中力高めて、後半へ!!!




第3Q、8分28秒で、#7木村がドリブルで切り込み、
ゴール間近でフェイントを入れてシュートを決め、
その華麗なプレイに会場がわきます。
5分を切って、大分はアウトサイドからのシュートが決まる中、
横浜はシュートが決まらず点差を詰められます。
しかし最後は、この日のゲームで最も印象的なプレイとなった、
#37河野がドライブからバスケットカウントを決め、
57-44 14点リードで最終クオーターを迎えます。

横浜はエナジーを切らさずに戦いきることが出来るのか!?

最終クオーター、#1トーマスの3P等連続ポイントで流れに乗れるかと思いきや、
大分の3Pシューター清水の3Pが決まり始めます。
横浜はベンチメンバーも出場し、最後までエナジー持って戦った結果、
80-62で横浜が1戦目をものにしました。




記者会見では、ゲーリーHC、蒲谷選手、トーマス選手が
出だしのエナジーが大きく影響した。
この1週間、練習で修正したことがしっかり発揮できたとコメント。

今後ファイナルズを視野に入れたコメントも出て、
沖縄に2連敗したものの、いい経験になったとも話していました。



残念ながら10日に行われた同カードは大分に軍配があがり、
この大戦は1勝1敗のドローに終わっています。



さて、横浜ビー・コルセアーズを2011年春から追いかけてきたわけですが、
番組が3月で終了となります。
シーズン最後の大一番を放送できないのが悔やまれますが、
残りのゲームを全力で取材して放送していきます!!

ということで、横浜ビー・コルセアーズから
最後のリスナープレゼントが届きました♪

下記ホームゲームの観戦チケットをプレゼント!
3月19日(火)、20日(水・祝)@横浜国際プール
VS 浜松・東三河フェニックス
各日10名様ずつご招待


応募は、近々FMサルースHPにプレゼントフォームが立ち上がりますので、
そちらからお願いします。
お名前・年齢・住所・電話番号・番組へのメッセージ
希望観戦日、希望枚数を明記のうえご応募下さい。

前回の観戦チケットプレゼントも沢山のご応募を頂きました。
今回も厳選なる抽選の上当選者を決定させて頂きます。
当選発表はチケットの発送をもって代えさせて頂きます。

バスケを観戦したことがない方も、
バスケ大好きな方も、是非ご応募ください(^-^)
お待ちしていまーす!!!

FMサルースHP
http://www.fm-salus.jp/
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜ビー・コルセアーズ 対埼玉戦レポ
2013-02-08 Fri 03:08
2月2日@平塚総合体育館
VS 埼玉ブロンコスのゲームレポートです。


オールスターゲームも終了し、いよいよシーズン後半戦に突入!
今回は約2週間ぶりのゲームです。
横浜はイースタンカンファレンス2位で、首位の新潟とのゲーム差は1で迎えたこの試合。
単独1位に立つために、1試合でも多く白星を重ねていきたいところ。
シーズン後半戦、幸先よくスタートできるのか!?

ビーコル

この日のスターティング5は、
#2ドゥレイロン・バーンズ
#3蒲谷正行
#10ファイ・パプ・ムール
#13山田謙治
#15堀田剛司
です。

ゲーリーHCが「第3Qまではフラストレーションが溜まる試合だった」と振り返った通り、
波に乗り切れないゲーム展開でした。

ビーコル

序盤、埼玉が好調なのに対し、横浜はシュートが決まらずTOが3本とミスが気になります。
残5分を切ったところで、#1トーマス、#73久山が交替で入り、少し流れが変わります。
DFもハードにこなし、徐々に流れをつかんだ横浜、
19-22 3点のビハインドで第1Qを終えます。
第2Qは開始早々#1トーマス、#2バーンズの活躍が見られました。
#1トーマスはDRからドリブルで突き進み、DFを押しのけてのシュートを決めて逆転に成功。
#2バーンズは3連続3Pを決め、オールスターMIPの存在感を見せつけてくれました。
#3蒲谷はやはりここぞという場面でシュートを決めてくれるし、
#10パプはリバウンドが3本と、ゴール下での活躍が際立ち10点のリード。
このまま引き離せるかと思いましたが、残り2分あたりから埼玉に得点を許し、52-47 
5点差にまで迫られて前半戦を折り返します。

ビーコル

後半、埼玉の出だしがよく連続ポイントを許します。
前半に引き続き埼玉のDFの動きがよく、
横浜はなかなかインサイドへ入れず、外からシュートを打つも決まりません。
残り2分で同点に追いつかれるも、#22マロイの粘り強いプレイから得点が生れ、
再びリードします。
しかし、最後は埼玉の#7北向にブザービーターを決められ、72-71
埼玉にいい形に持ち込まれたまま最終クオーターを迎えることになります。

かなり埼玉がハードなプレイを見せていて、横浜はここまでTOが埼玉の3倍にあたる15、
シュートの決定率もこのクオーターだけでみると2Pが45.5%とやや低い印象。
均衡したゲームの流れですが、最終クオーターで流れをつかみ、4連勝となるのか!?

どちらが先に抜け出すのか?
そんな戦況の中、#1トーマスと#3蒲谷がチームを引っ張り、
結果、最後は横浜が抜け出て粘り勝ち。
101-85
埼玉との開幕戦以来の100点越えで勝利を手にしました!
「最終クオーターは、DFが機能してシュートが入り始め、
本来のビーコルらしいゲームが出来た」とゲーリーHCは振り返っています。

ビーコル

記者会見では、選手は口をそろえて
「2週間のブランクがあったとはいえ、こんな戦い方をしていてはだめだ」と言っていました。
蒲谷選手は
「早くシーズン前半戦の終盤くらいのコンディションに持っていかないと」
と、勝利の喜びに浸るというよりは、
シーズン終盤を見据えて気を引き締めなおしているなと感じました。

そういえば、ゲーリーHCが、
「うちのチームは、いい結果の後は調子に乗ってしまう悪い癖がある」
と言っていました。
確かに私も、過去に何度もそんな場面に遭遇してきました。
でも、チーム全員がゲーリーHCをリスペクトしているから、
そんな試合の後はげーりーHCの雷をくらってすぐに目を覚ます。
そんなアップダウンを何度も繰り返しながら、チームはここまで成長してきています。
本当に愛すべきチームですよ!


この翌日の対埼玉2戦目は、86-82で辛くも勝利。
ゲーリーHCは「私の求めるエナジーには達していないゲームだった」とコメント。
後半、相当埼玉に追い上げられたようですね。
確かに、埼玉は諦めずに食らいついてくる、エナジーレベルの高いチームでした。

これで横浜は5連勝。
イースタンカンファレンス1位の新潟とは勝敗ではタイですが、
新潟との対戦成績から現在横浜は2位につけています。


何試合も見ていると、エナジーに欠けるな・・・
というのが分かるようになってきました。
横浜はこれから更にエナジーと集中力を高めて
一戦一戦臨まなければなりません。
それが出来て初めて、有明への切符を手にできるんだと私は思っています。


さて、次回のゲームはアウェイです。
2月16日(土)・17日(日) VS 信州ブレイブウォリアーズ@松本市総合体育館

2月23日(土)18時開始の岩手ビックブルズ戦のパブリックビューイングが、
センター北ノースポートモール1F「KAHALA」で開催されます。
廣田代表か、小川GMの生解説による実況付きとなる予定。



来週も、番組ではビーコル情報をお届けします!
84.1Mhz FMサルース
毎週日曜15時~17時「JOG NAVI」内
15時20分頃~『バリスポ!B-COR NAVI』をCHECKしてね☆

横浜B-CORSAIRS
http://b-corsairs.com/

FMサルース
http://www.fm-salus.jp/
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
bjリーグオールスターゲームレポ
2013-01-26 Sat 01:34
1月20日(日)有明コロシアムで行われた
bjリーグオールスターゲームに行ってきました!

といっても、番組の生放送終了後からだったので、
ハーフタイムの途中からしか見れませんでしたが・・・

このオールスターゲームは、
イースタンカンファレンスとウェスタンカンファレンスに分かれてゲームが行われたり、
スリーポイントコンテストやダンクコンテストもあり、
正にバスケットボールのお祭り♪
素晴らしい選手たちが最高のパフォーマンスを見せてくれるのです。



会場は、8,700人以上もの入場者で盛り上がっていました!
選手たちがウォーミングアップを始めると、
見覚えのあるネイビージャージの選手が一人・・・
そうです!私がいつも取材させてもらっている横浜ビー・コルセアーズの
ドゥレイロン・バーンズが、bjリーグ推薦で出場していたのです!!

前半終了時点でイースタン・カンファレンスが1点のリード。
かなりの接戦。
その中で、なんとバーンズが最多得点をマークしているではないか!?
会場にいた廣田代表や広報のあんたかさんは、
「このままバーンズが出してもらってEASTが勝てば、MVPもありえる!」
と自信満々におっしゃっていましたが、それほど素晴らしい活躍だということなんだなと、
早く後半が始まらないかとワクワク。



そんな私の期待を裏切らなかったバーンズ。
見るものを引き付けるプレイの数々に、
取材を忘れて大声で声援を送っていた私(笑)
ここぞという時に決めてくれるし、キレキレのアシストもしびれました!!
バーンズがボールを持つと、まず外さない!

1点差のシーソーゲームが続き、
最終クオーターを迎えますが、
本当にどっちが勝つか分からない。
というのも、やっぱり即席チーム。
いつもの横浜のように組織的なディフェンスというのが難しく、
ディフェンスでおさえきることがあまりできず、
点の取り合いになっている。
いつも横浜のハードなディフェンスを見ているから、
そこはちょっと物足りなさを感じました。

ただ、展開の速さと、魅せるプレイがいくつも見られて、かなり面白かった!



さて、横浜からはバーンズの他に、
ゲーリーHCがアシスタントコーチとしてベンチ入りしていました。
さらに、B-ROSEから4人が出演!
JOG NAVIに2回も出演してくれたYukinaも出演して、会場を盛り上げていました♪
そして、観客席にはビーコルブースターが大勢いらしていて、
ゲーム中のBGMにビーコルのホームゲームの時にかかるBGMがかかると、
みんな声を張り上げてブースとを送っていました。
これには感激したな~。



接戦で迎えた最終クオーター、
なにがなんでもバーンズにMVPを取ってほしい私。
バーンズがボールを持つだけで「ワーキャー」(^^;
関係者の話によると、スニードがMVPを狙っているらしく、
確かにインパクトのあるプレイが多い。
でもでも、絶対にバーンズがもらうもん!!!!!!!

ムキーっとなっている私の気持ちを静めてくれたのは、
やっぱりバーンズのシュートでした。
1人で32得点の最多得点をマーク!

でも、残念ながらゲームはWESTが3年連続勝利となりました。

そして、バーンズはMIPに!
MVPはWESTのマイケル・パーカーが受賞。



MIP受賞インタビューでバーンズは、
「横浜ビー・コルセアーズ」と何度もコール。
オールスター前のインタビューで「横浜をしっかりアピールしたい」と言っていたが、
バーンズは有言実行でした!
本当にカッコよすぎます!!!
自分の事のように嬉しくて、本当に感激しました。

バーンズ

この日の為に、ヘアスタイルを整えてきたバーンズ。
その件を突っ込むと若干はにかんでいました(笑)
あと、ゲーリーHCとの信頼がより深まった、コーチの事がすごく好きだと語り、
ゲーリーをリスペクトしている様子がうかがえました。

ゲーリーHCにも試合終了後インタビューすることができ、
いい話を色々伺えました。


というわけで、このオールスターゲームのインタビューは、
1月27日(日)15時~のJOG NAVI内
15時15分頃~の「バリスポ!B-COR NAVI」でたっぷりとお届けします!
お楽しみに~♪

84.1Mhz FMサルース
http://www.fm-salus.jp/
USTREAMやサイマルラジオでもお楽しみいただきます♪
別窓 | 横浜B-CORSAIRS | コメント:0 | トラックバック:0 |
| かおりんのおはなし小屋 | NEXT